新規顧客開拓にお悩みの方、低いDM反応率にお悩みの方へ


 

これは誰でも簡単にすぐでき、即効果の出る、最もお金のかからない新規開拓方法です。

 

FAXDM

 反応のよいFAXDMを作成するコツとは

 FAXDMの媒体の特質を理解する

 反応率は手紙DMに較べて大きく劣るものの、何と言っても1通当たりのコストが安く、一気に大量の見込み客に送ることができるという理由で、新規顧客開拓にFAXDMを利用する会社は多いです。

 しかし、だからと言って反応率が低いままに甘んじていてはお金をかけてFAXDMを送る意味がありません。

 どうすれば反応のよいFAXDMを作成することができるか?

 その鍵は媒体としての特性にあります。

 FAXDMは相手に機械を通じてダイレクトに送られます。手紙DMと違って送り先を確認したり、開封する作業を必要とせず、そのまま目に飛び込んできて、すぐにそのメッセージを読むことができます。通常モノクロでA4判のコピー用紙1枚程度であるため、手紙DMのように「とっておいて後で読もう」ということにはならず、読んでその時点で注意を引くことができなければ、即ゴミ箱行きの運命をたどります。

 したがって、反応のよいFAXDMを作るためには、相手にいますぐ反応してもらえるよう、その必要性、緊急性をいかに伝えるかが重要です。

 逆に言えば、必要性、緊急性を伝えにくいものは、FAXDMには不向きということになります。

 さらにFAXDMという限られた紙面のなかで「AIDA法則」に則った文章を完璧に書き切ることは極めて難しいと言えます。伝えるべき要点は何かを考え、詳細は電話等で問い合わせしてもらうような誘導型DMを作成する必要があります。

 反応がよくなる顧客開拓のためのDM作成のコツ

 

この他のDM成功のコツ

  

 

  

「販路拡大、顧客開拓を成功させるDM戦略」

 

DMでどのような戦略を立てて営業をすれば顧客の幅を拡げ、新規顧客を増やすことができるか、成功するDMの極意を知ることができます

目次を見る

  

 

HOME レポート DMコツ 悪いDM よいDM プロジェクトZ 成功事例 サポート 手紙DMとは プロフィール

特定商取引法 お問合せ

 

 

COPYRIGHTS (C) Miracle Letter Marketing. ALL RIGHTS RESERVED.