新規顧客開拓にお悩みの方、低いDM反応率にお悩みの方へ


 

これは誰でも簡単にすぐでき、即効果の出る、最もお金のかからない新規開拓方法です。

 

ビジネスを成功させるダイレクトメールの書き方  

 

文章の書き方一つでダイレクトメールの反応率を

1%から10%へと10倍にアップさせることができます

 

黒田様
お世話になります。
黒田さんにDMのアドバイスをいただきました●●店様向け「●●●」のDMですが
3月14日に
●●店名鑑にのっている内の全国907社の●●店にDMを送付し
4月7日現在でサンプル請求が112社きました。
その中からすでに8社との新規の取引がスタートしました。
これからもまだまだ増えていきそうな勢い
です。
札幌にいながらにして全国の●●店さんと取引ができる
のも黒田さんのおかげだと思い、とても感謝しています。
本当にありがとうございます。

 

 

上記はメーカーの担当者の方から直接頂いたメールですが、最終報告では
 
総発送件数 940件
サンプル申し込み 125件(反応率13.3%)
成約件数  23件(成約率18.4%)

このDMは大成功だったようです。

このダイレクトメール成功の決め手は、売り込み臭を感じさせずに自分の商品・サービスを売り込む書き方にあります。

このケースではストーリー展開のなかで問題点を明確に伝えることで売り込み臭をまったく感じさせない書き出しにして、ダイレクトメールを成功させました。

このように書き方一つでダイレクトメールを、顧客を集める強力な営業ツールにすることも、ゴミ箱直行の単なる紙切れにすることもできるのです。

あなたも自分のダイレクトメールをこの地方にある会社と同じように、会社や事務所にいながらにして外回りをしないでも顧客開拓を可能にするマシンのようにしてみたいと思いませんか?

 

 

あなたのビジネスを応援します

DM営業支援 無料レポート 第5弾


DMが成功するもしないもやり方次第!
販路拡大、新規顧客開拓を目指す方へ

DMであなたの顧客の幅を拡げる秘訣を
特別にお教えします

販路拡大のコツはDMの送り方にあります!


「販路を拡大したい、新規顧客を増やしたい」とお考えの方は

ぜひこの無料レポートをお読みください。

「バカ売れ 魔法の手紙DMが面白いほど書ける本」、
「どんどん顧客が集まる魔法の手紙DM」の著者
 黒田浩司です。

 

最新版

「販路拡大、顧客開拓を

成功させるDM戦略」

 
無料レポートプレゼント

 “DMで顧客の幅を拡げ経営を安定させるツボ”が書かれた特別限定レポートを「新たな販路を拡大したい、新規顧客を増やしたい」と真剣にお考えの方だけに無料でプレゼントいたします!
いますぐ当フォームよりお申し込みください。
当レポートは第1弾〜第4弾のときと同様、予定配布数に達し次第公開終了とさせて頂きます。
顧客開拓にお悩みの方にとって現状を打開するためのヒントになればうれしいです。
 

 

 

 

 

「もっと効率的に新規顧客を増やす方法はないか」  と


思ったことはありませんか?

  

「手紙DMの即効性に驚きです。
 飛び込み営業では考えられなかった、手紙DMを送るだけでたった2週間で45件もの見込み客集客で新規開拓が劇的に改善されました。
 飛び込み営業のようにこちらから売り込むのではなく、むこうから手を挙げてきた相手との商談なので門前払いされることなく、嫌な顔一つされることなく、いつも友好に迎えてくれます。
 何よりも最初から社長、部長クラスとの商談なので時間がかからず、スムーズにすすめることができるのは助かります。
 こんなにストレスのない営業のやり方があるのですね。」

 はじめて新規開拓にダイレクトメールを利用したある住宅販売会社の役員さんから頂いた率直な感想です。

 この事例のように特に法人営業ではダイレクトメールは大変効果的です。

 それは個人消費者向けの場合と異なり、見込み客を絞りやすく、目的が相手にとって儲かるものかどうか、ビジネスとして割り切れるからです。

 したがって、もしあなたのビジネスが法人営業向けであるとしたら絶対にダイレクトメールの利用を考えるべきです。この事例のように実行後即効果が見込めるからです。

 そんなことを言っても、自分の経験から、また周りから聞いた話でも「ダイレクトメールによる新規開拓、以前DMを作成し発送したことはあるけど効果はサッパリだった」と反論されるかも知れません。

 しかし、それはダイレクトメールという、新規開拓のための営業方法の選択が誤りであったのではなく、その使い方、ダイレクトメールの作り方、DM作成に問題があったのではないでしょうか?

 実際私のもとにも毎日多くのダイレクトメールが届けられます。しかし、開封して心を動かされるようなダイレクトメールは皆無です。言うまでもありませんが、DMの書き方のツボが押えられていないダイレクトメールはたとえ何回実行したところでよい反応は得られません。

 しかし、冒頭の事例のようにDMのツボを押えた書き方に則ったダイレクトメールであれば、いとも簡単に効果が出ます。

 そのためには、相手の感情を動かすDMの書き方、ダイレクトメールの作り方をきちんと学ぶ必要があるのです。

 そのようなダイレクトメールをいったん作成することができるとつぎのように信じられないような顧客集客力を発揮します。
 

 「さて既に顧客に送付済みの第一回目のDMの件ですがやはり予想どおりまだまだ反応があります。昨日などは、DMを読んだエンドユーザーから建築会社を通して私のところへ見積依頼の電話が入ったのですが、その会社の担当者が『早く、早く、すぐに見積を送ってください』と言うのです。エンドユーザーがかなり急かしているらしいのです。これまで私のDMの働きに対する感情はすごいとかうれしいというものでしたがあまりの効き目に少しゾッとしてしまいました。」


 これは顧客向けにダイレクトメールを発送した工事業経営者の方から直接メールで頂いた感想ですが、相手の感情を動かすことのできる、効果のあるDMを作成することができるかどうかが会社の儲けをこれだけ左右するのです。

 あなたもこのようなダイレクトメールの書き方、DMの作り方、DM作成のノウハウを身につけ、これらの会社のように多くの見込み客を集め、新規顧客をどんどん増やしたいと思いませんか?

   実際に冒頭の住宅販売会社に集まったオファーに対する見込み客からの返信FAXの一部です。


 DMの書き方のツボを押えたダイレクトメールを出すだけで2週間でこれだけの見込み客を一気に集めることができるのです。

 ここから後は「ダイレクトメールを使って新規顧客を増やすぞ!」とすでに決心されている方のみお読みください

 なぜこれらの会社はダイレクトメールを活用するだけで短期間のうちに信じられない成果を上げることができたか?
 それはそれぞれのターゲットとする見込み客、ビジネス特性にあったDMの書き方、ダイレクトメールの作り方のツボを押えているからです。

 すなわち絶対に外してはならないツボをしっかりと押さえた上で、見込み客や顧客に合わせてカスタマイズされたDMを作成し、ダイレクトメールをピンポイントで送っているから、相手の感情を動かすことができるのです。
 
 すべての場合に通用する万能なダイレクトメールのひな型などありません。ダイレクトメールの基本型をいかに自分のビジネスに応用させ、フィットしたDMを作成することができるかどうかで反応率ひいてはDM営業の成否が決まります。

 ただし、そのためには相手の感情を動かすダイレクトメールの基本型、その必要最低限のDM作成ノウハウを身につけておかなければなりません。

 あなたはDM営業成功に欠かせないダイレクトメールの書き方、DMの作り方、これらのツボをすべてご存知ですか?

 もしそのツボを押えないままにダイレクトメールを作り、見込み客や顧客に発送していたとしたら。

 反応率が低いのはある意味当然の結果かも知れません。

 何事も基本が肝心です。DM営業で成功を目指すのならまずは基本となるツボをきっちりと押えるべきではないでしょうか。

 相手の感情を動かすDMの書き方、ダイレクトメールの作り方のツボを押え、「顧客開拓で確実に成果を上げたい」と心の底からお望みなら、利用者が既に実績を上げているこのテキストでDM作成ノウハウを本格的に学習されてみてはどうですか?

 「こんにちわ加藤です。黒田先生に作成していただいたDMは、やはりすごい効果です。一時にまとまった反応はありませんが連日の電話です。一般消費者から直接これだけ続けて依頼があるのは私が商売をはじめてから初の経験です。ありがとうございます。この時期ですと、まだまだ反応があると思いますので6月末に反応率の計算をしようと考えています。(日常業務に追われてまだ計算していません)。」

(三重県 自営業 加藤 様)

 

「ミラクルレターマーケティング
黒田浩司様
いつもお世話になります。
早速のお返事をありがとうございました。
黒田さんのご指導をもとに21000件のDMを発送してきました。
その中で、現在、サンプルの請求が1685件(8.02%)です。
そして、契約数は410件です。
そして、これから送付するDMは上記の21000件のリストの中から、
1、まず、●●●のサンプル請求があった先に(約1700件)
2、その次に、●●●のサンプル請求がなかった先に(約19300件)
送る予定です。
現在、
1、への送付が終わって
2、のリストに送りはじめているところです。
お言葉に甘えて弊社が送付している手紙DMをそのまま送付させていただきます。
現物を見て、また、ご指導があればよろしくお願いいたします。
感謝しています。」

(北海道 製造卸業経営 桝谷 様)

 

 モノを売るビジネスには物販業、サービスを提供するビジネスにはサービス業
 それぞれに合ったDMの書き方があります。


 この結果は手がけられているビジネスに合ったダイレクトメールの書き方、DMの作り方のツボをもれなく押えることができているからこそ実現したのです。

 新規開拓におけるDM営業成功のツボ、それは自分のビジネス特性に合ったDMの書き方でDMを作成することができるかどうか、それに尽きます。

 「DM営業を成功させたい」とお考えなら、まずこの実践テキストで自分のビジネスに合ったツボを押えたダイレクトメールを作成することが必要です。

 

「顧客が集まる手紙DMの秘密」

 
 

    

 

 

DM営業を成功させたい
とお考えの方へ

 「DMを使った顧客の集め方」、
「反応率をアップさせるDMの書き方」のツボが
書かれた情報が無料で定期的に送られてきます

(右のバックナンバーをご参照ください)

メールアドレス:

 
  
 


 

バカ売れ 魔法の手紙DMが面白いほど書ける本

誰でもうまく相手の感情を動かす文章が書ける魔法のDM作成術が手にとるようにわかります。

「顧客開拓を成功させるDMを作りたい」方、必見です!!

 

販促会議特別記念号

ひと工夫でレスポンスを上げる
DM戦略

2014年11月1日発売
「販促会議 特別記念200号」の
DM特集

『反応率をアップさせるビジネスDMの書き方・送り方』で4ページにわたり、成功させるビジネスDMのコツについて書きました。

 

 

 

【あなたの会社にどんどん顧客を連れてくる
手紙DM営業法】

 
 

どんどん顧客が集まる「魔法の手紙DM」

「顧客が集まるDM」の作り方、書き方等基本が学べます。
まずこれでしっかりと基礎を固めてください。
みんなここからスタートしています。

Amazon.com
DM関連書籍
売上ランキング
60ヶ月連続1位

 

 

「ダイヤモンド・ビジョナリー」

見込み客から「優良顧客」へ
成功事例満載企画

2006年7月号 Diamond Visionary
お客様がどんどん集まる! 
巻頭特集コーナー

法人顧客向けの販促活動に最適。アナログな「手紙DM」の効果というタイトルで、3ページにわたり掲載されました。

 

 

DM成功事例 → こちらをクリック

「どのようにして会社はDMを成功させたか」

 

事例1 価格交渉を避けやすいDMで利益率アップを成功させた会社

事例2 無料サンプルに同封するDMを変えただけで成約率を10倍にした会社

事例3 DMにたった一文を加えただけで受注率が20%に跳ね上がった工事業者

事例4 ストーリー型DMを改善し、反応率を5%から8%にアップさせた会社

   

 

 
 

DMの専門家という立場から年賀ハガキDMについて、

おなじみの日本郵便様の記事広告に協力させて頂きました

 

「ぐるなび通信」 2012年12月号

 (シェ・ソーマのオーナーシェフ 相馬様のDMプロジェクト)


「日経トップリーダー」  2012年11月号

 ((株)拓人代表取締役社長松田正雄様との対談)


「日刊工業新聞」 2012年10月12日朝刊

 (年賀ハガキDMのビジネス活用法)

クリックして記事が閲覧できます


「日経ビジネス」 2012年10月8日号

 (ビジネスに役立つ年賀ハガキDMの使い方)

 

   

 

「これだけは知っておきたいDM成功のコツ」

   

 

 

「販路拡大、顧客開拓を成功させるDM戦略」

 

DMでどのような戦略を立てて営業をすれば顧客の幅を拡げ、新規顧客を増やすことができるか、成功するDMの極意を知ることができます

目次を見る

  

 

 

HOME レポート DMコツ 悪いDM よいDM プロジェクトZ 成功事例 サポート 手紙DMとは プロフィール

特定商取引法 お問合せ

 

     

COPYRIGHTS (C) Miracle Letter Marketing. ALL RIGHTS RESERVED.